本文へスキップ

真宗大谷派(東本願寺)女性室 あいあうNET

男女両性で形づくる教団をめざして

私たちを取り巻く性についてのあたりまえ−誰もがあれ?と思っても口に出せない−そんなあたりまえを、みんなで考え話し合う場をつくりたいと活動しています。


 女性室公開講座(京都会場) 2018年2月23日





分断と沈黙を超えてー沖縄と女性ー

 沖縄は先の戦争において、日本で唯一地上戦が繰り広げられ、県民の4 人に1 人にあたる20 万人もの尊い命が失われました。美しくのんびりとした南国のイメージの一方で、そこに暮らす人々の日常には、今なお広大な米軍基地のフェンスの風景が続いています。繰り返される市民とりわけ女性への暴力的な犯罪、高い貧困率、基地を巡る分断と沈黙。現代の沖縄が抱えるこれらの問題は、あきらかな加重負担である基地の存在は勿論のこと、本土に暮らす私たちの沖縄への無知や無関心にもその一因があるのではないでしょうか。
 今回の女性室公開講座は、しんらん交流館(京都)を会場に、ジャーナリストまた映画監督として、沖縄からメッセージを発信し続けている三上智恵さんをお迎えし、女性の視点から沖縄の現状についてお話を伺います。

 誰も傷つけず誰からも傷つけられることのないよう、子どもたちのいのちを守る“風(かじ)かたか”=「風よけ」になろうと辺野古や高江に集まる女性たちの姿や三上監督のメッセージを通して、一人ひとりが分断と沈黙を超え自立した関係を生きることを願って、今沖縄から私たちに問われていることを聞いていきたいと思います。

日時 2018年2月23日(金)16時受付・16時30分開会
場所 真宗教化センター しんらん交流館
講師 三上智恵さん(ジャーナリスト・映画監督)
参加費 無料
内容 映画上映「標的の島 風かたか」(119分)、講演、質疑応答
備考 託児(就学前の子ども対象)をご希望の方は事前にお知らせください。
主催 真宗大谷派 解放運動推進本部女性室(075-371-9247)

詳細案内はこちら(PDF)